超簡単!まだ間に合うWindows10 ゼロ円アップグレード

超簡単!まだ間に合うWindows10 ゼロ円アップグレード

こんにちは。カズチョップです。

2020年1月、Windows7のサポートが終了します。
OSとしてはXP以来、完成度が高かったため僕のクライアントの会社でもかなり導入されていました。

まだまだWindows7を使っていてパソコンを買い替えないといけない方がたくさんいると思いますが、実は無償で簡単にWindows10にアップグレードする方法があるんです。

そこで、僕が実際に現場でやっているWindows7や8からWindows10にアップグレードする方法をまとめました。

Windows10にアップグレードする前の注意点

ひょっとしたら失敗することがあるかも。。。

僕は今までWindows7からWindows10に、15台ほどアップグレードしてきましたが、ほとんどがめちゃくちゃ簡単にインストールできました。

しかし、どういうわけか1台だけWindows10にした後、1週間くらいしてから起動しなくなったことがありました。(再度今日お伝えするツールを使ってクリーンインストールすると、問題なく起動するようになりました。)

失敗するパターンとして考えられるのは、パソコンのメモリが足りない、だとかだと思います。

Windows10の場合、32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GBが必要 。とありますが、実際は32ビット版では2GB、64ビット版では4GBは最低欲しいところだと思います。

また、もし失敗したとしても、10日以内であれば元のOSに戻すこともできますので、とりあえずトライしてうまくいったら「やったね!」と思うくらいがいいかと思います。 

バックアップは取っておこう!

今回の方法でアップグレードすると、設定やソフト、プリンタドライバなど全て、元のパソコンのものを引き継ぐことができます。

でもとりあえず、何かあったら怖いので最低限以下のものはバックアップとして取っておくほうがいいでしょう。

・メールの設定
・データ
・その他ソフトの設定
 (例えば、FTPソフトの接続先、などコピーでバックアップのとれないもの)

Windows10にアップグレードする手順

1.アップグレード用のツールのダウンロード

①下のマイクロソフトのサイトに進み、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

②そして、ダウンロードしたMediaCreationToolをダブルクリックします。

2.ウィザードを進めるだけ

①パソコンによっては時間がかかります。

②「同意する」をクリックします。

③「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、さらに「次へ」をクリックします。

④この状態なら、パソコンは普通に使えます。

⑤「同意する」をクリックします。

⑥僕はこの画面のまま1時間以上待たされたことがあります(笑)。
 でもそのまま放置していたら進みましたので、もし待たされても根気よく待ってみましょう。

⑦画面表示がかわります。しばらく待ちましょう。

⑧この画面は出る場合とでない場合があります。

 Windows10に互換性のないソフトがインストールされていた場合、アンインストールを促される場合がありますので、もし大事なソフトの場合はアップグレードは一旦諦めて、そのソフトの対策を考えてください。

 もし問題ない場合はアンインストールを行い、「情報の更新」をクリックします。

⑨この画面が出れば、もうすぐです。あとはパソコンが勝手にインストールをしますので、「インストール」をクリックします。

 インストールが終われば、晴れてWindows10の画面が表示されています。

⑩以上で、Windows10のアップグレード終了です。
 Windows10にした後、時々エクセルが開かなかったりするのですが、Windowsアップデートをすれば解消されますので試してみましょう。

ITスキルカテゴリの最新記事